業務用ハンガーラックを徹底比較!

ホーム > ハンガーラックについて > ハンガーラックで整理整頓させる

ハンガーラックで整理整頓させる

小学校では私服で登校する学校もあります。
汚れても良くて、動きやすくて、通気性の良いもの選んだり、さらに洗い替えなども必要になりますので衣類は増えるばかりです。
洗濯して綺麗にたたんでおいてもタンスに入れるころにはしわくちゃになっていたり、服を選ぶのにタンスの中を引っ掻き回したりすることもあります。
家事ですら忙しいのに、それをまた綺麗にたたみなおすなんてストレスになるでしょう。
ですから、ハンガーラックで整理整頓をさせると良いでしょう。
洗濯を取り入れて、そのままラックに掛けるだけですから手間もありませんし、子供も服を選びやすいでしょう。
ズボンやスカートは洗濯ばさみ付きのハンガーで掛けるとスッキリします。
靴下、下着はカラーボックスや100円ショップの収納ケースなどに入れて片づければ子供でも出し入れしやすいでしょう。



ハンガーラックを自分で作ってみる

サラリーマンの方はだいたい毎日スーツを着用されますのでシャツやネクタイなどもシワにならないようにハンガーに掛けていることが多いでしょう。
子供は例えば幼稚園に入園すると、お着換えや持ち物の準備は自分で出来るように練習します。
そのためにはきちんと整理整頓されている方が教えやすいでしょう。
そんな時にはカラーボックスを使って収納が出来るハンガーラックを作ると非常に便利です。
準備するものはカラーボックス、ツッパリ棒だけです。
カラーボックスは背面の薄板は付けません。
そして上下どちらかのスペースは収納として使いますので仕切り板を付けて置きます。
例えば下段を収納とした場合、上側をラックとして使うので突っ張り棒を上部に固定して付けます。
幼児くらいの洋服であれば丈もちょうど良いくらいに掛けることができます。
手提げかばんや上履きなどはカラーボックスの横側にフックを掛けることができます。



ハンガーラックを活用して洋服をすっきり収納

季節が変わるたびにお気に入りの洋服をあれこれ購入していると、どんどん洋服が増えていき、収納に困ることがあります。
クローゼットに入りきれない洋服があると、どうしてもお部屋全体が散らかって見えてしまいますので、便利な収納グッズを賢く活用してみましょう。
たとえば、便利なのがハンガーラックです。
移動しやすい上、お部屋のほんの少しの隙間にも置けるので、狭いお部屋にも最適ですし、空いている空間を活用して洋服をきれいに収納できます。
誰でも簡単に組み立てることができるハンガーラックがたくさんありますから、どんなご家庭でも取り入れやすいという特徴もあります。
また、インターネット通販を利用すれば、24時間いつでも手軽に注文できます。
ハンガーラックは購入しやすいお手頃が価格で販売されていますので、持っている洋服の量に合わせて購入して美しく収納しましょう。

次の記事へ