業務用ハンガーラックを徹底比較!

ホーム > ハンガーラックについて > ハンガーラックをディスプレイに有効活用するポイント

ハンガーラックをディスプレイに有効活用するポイント

 日常生活で、お店のようにきれいに洋服を飾りたいという人は多いです。その時に、ハンガーラックを活用することによって、きれいにディスプレイすることができます。まずは、ハンガーラックの素材も大切になります。比較的手軽に入手できるものとして、スチール製があります。このタイプは、価格も安く機能性も高いため購入する人が多いです。ちなみに、価格としては1000円ほどから販売されていて、長さを変えられるものがあります。そのため、部屋の大きさや衣類の量に応じて長さを変えたり、高さも変えることができます。そして、基本的なタイプでは一本の棒になっていて、それにかけていくのですが、斜めになった傾斜タイプもあります。傾斜タイプの特徴として、洋服をきれいにディスプレイする効果があります。

 ディスプレイの基本として、サイズや色合いを見て並べることが必要ですが、傾斜タイプはよりきれいに見せることができます。製品によって異なりますが、デザイン性の高いものは5着ほどしかかけることができませんが、製品によっては10着かけられるものがあります。そして、高さも調整できるタイプの場合は、ある程度高さを高くして置き、コーディネートをしてかけておくという使い方ができます。こうすることによってオシャレになり、視覚的な効果も期待できます。もちろん、実用的なものもあり、棒の部分が長くなっていて、内側にはいろいろな洋服などを掛けて置き、一着は目につきやすいところに掛けます。こうすることによって、整った印象になります。注意したい点もあり、耐荷重がありそれを超えないように適度に余裕を持たせてかけることが大切です。

 それ以外にも、ハンガーラック自体のデザイン性が高いものをあります。木製タイプがあり、天然の素材のためやわらかい感じがします。そのため、ナチュラルなイメージのディスプレイにしたいときに使えます。スチールタイプと同じで、耐荷重があるので、その点を考えて洋服を掛けることが必要です。形としては、A型やI型のものもあります。このタイプは洋服はもちろんのこと、下の部分が棚になっていて、帽子や靴もおくことができます。そして、A型タイプは高さの調整はできないのですが、I型の場合には、高さを変えられるものがあります。そして、色もブラウン系とナチュラル系があり、好みの合わせて選ぶことができます。ちなみに、固定式のものもありますが、キャスターが付いたものもあり、必要に応じて移動したりすることもできて便利です。

次の記事へ