業務用ハンガーラックを徹底比較!

ホーム > ハンガーラックについて > 木製のハンガーラックを使う際の注意点

木製のハンガーラックを使う際の注意点

木製のハンガーラックを購入して使う際はとにかく注意をしないといけない事があります。
それはカビです。
木製の物の場合はカビが生えてしまう事がないように注意深く使う必要があります。
湿気がひどい時期には仕方ない事かも知れないですが、使い方を考えると少しでも長く使う事ができます。
どんな使い方をするのか、まずうは濡れている物をかけないと言う事になります。
濡れている物をかけてしまうと自然にハンガーラックまで濡れてしまい、早い段階で使う事ができないようになります。
洗濯をしてそのまま濡れている物をかける方もいますが、それは行ってはいけない行動だと覚えておきましょう。
木製の物はデザインも良い物があり購入する方がたくさんいるのが特徴ですが、間違った使い方をしてしまうと短いサイクルで購入をしないといけないので十分に注意をするようにしましょう。



かける服を決めてハンガーラックを購入する

どんな服を収納するのか考えてからハンガーラックを購入するようにしましょう。
ハンガーラックはかけてはいけない服が決まっている訳ではありませんが、かける服を決めておくと自然にどれくらいの重さに耐える事ができる物を購入したら良いのか分かります。
冬の服をかけたい場合や夏の服をかけておきたい場合など様々な使い方ができるからこそ選ぶべき物だと覚えておきましょう。
かける物が決まっていない人はなるべく重さに耐えれる物を購入する必要があります。
耐えれる重さが大きいほど値段も高くなってしまう傾向があるので、決まっていない人は多少お金がかかってしまう事を覚悟しましょう。
ジャンパーなど冬の物をかけておく場合は、重さに耐える事ができるだけではなく、さらにほこりが付きにくいような物を選んで購入しないと大切な服が長持ちしなくなります。



服以外もかけれるハンガーラックを購入する

ハンガーラックは機能性が高くなってきているので、様々な物をかける事ができるようになってきています。
服だけをかける事ができると考えている人もいます。
もちろん服だけをかけれる単機能の物もありますが、そうではなくバッグなどもかけれる物もあります。
バッグなどをかける事ができるハンガーラックにはフックがついています。
シンプルな物を購入して自分で工夫をしてかける事ができるようにもできますが、それでは手間になりますし少し見た目が良くない場合もあります。
そのため最初からかける事ができる物を購入するようにしましょう。
通販やネットショップを見るとバッグなどの服以外の物をかける事ができる物を見つけれます。
どんな用途で使う事ができるのかなどの情報がしっかりと記載されているので、購入をする際に失敗してしまうような事も無いでしょう。

次の記事へ