業務用ハンガーラックを徹底比較!

ホーム > ハンガーラックについて > 用途別ハンガーラックの選び方

用途別ハンガーラックの選び方

 衣類の収納で活躍するのがハンガーラックです。そして、種類もいろいろとあり、木製のものもあればスチール製もあります。価格的には、スチール製のほうが安く、1000円ほどから販売されているものもあります。そして、選び方としては衣類の量を考える必要があります。コートやジャケットなど一時的にかけておくのであれば一本タイプでいいのですが、普段から洋服などを掛けるのであれば二本タイプなど大容量タイプを選ぶことが大切です。そして、スチール製の場合は強度もあり、10キロを耐えられるものがあります。そのため、二本タイプでは20キロまで耐えられる耐久性があります。そして、スチール製の中には、長さを調整できるものもあり、部屋の広さやクローゼットの中に置きたいときなどにメリットがあります。もちろん、用途別に販売されていて、クローゼットに置くタイプはキャスターがついていなかったり、高さも低めになっています。

 そして、ハンガーラックは掛ける衣類によって隙間が空きます。そのため、コートを掛けるとあまり隙間ができませんが、洋服の場合には隙間ができます。そのため、下に収納ボックスが置けるなっているものなどがあります。そのため、普段着る洋服はハンガーにかけておいて、あまり着ない服は衣装ケースに入れて下に収納をするという使い方もできます。もちろん、人それぞれですが、靴やバックを置いたりすることもできます。それ以外にも、斜めに掛けられるものがあり、見せる収納ができるタイプもあります。しかも、斜めになっているため収納できる枚数も多く、省スペースでも置けるようになっています。しかも、スチール製の場合重量も4キロほどで軽くなっていて、組み立てもドライバー一本でできるようになっています。

 見た目を重視するならば、木製のものを選ぶと部屋に馴染みます。木製タイプはスチールと違い温かみを感じるので、人の目につくところにおいてもしっくりときます。そして、シンプルなデザインになっているものが多くなっています。色も、ブラウンやナチュラルがあり、雰囲気によって選ぶことができます。そして、スチール製と同じように棚付きのものが多く、おしゃれにすっきりと収納をすることができます。強度に関しては、スチールよりも劣りますが、普段使いするうえでは支障がありません。もちろん、組み立てに関してもドライバー一本でできるため安心です。ちなみに、スチール製に比べて木製のほうが価格が高めになっているため、品質などを見て判断することが大切です。通販でも購入ができますが、口コミなどを見て判断をすることも大切です。

次の記事へ